住まいの電気工事、オール電化はタカオカ電工におまかせ下さい。

蓄暖メンテナンス

  • HOME »
  • 蓄暖メンテナンス


メンテナンスどのくらい?

メンテナスしないと災害につながる場合も・・・

蓄熱式電気暖房器の耐久年数は?

ヒーター 10~20年 10年を超えたら、いつ切れてもおかしくありません
ファン 5~10年 ほこり等のメンテナンスによります。
耐熱レンガ 半永久  
断熱材 移動や分解をしなければ、交換の必要なし  

蓄熱式電気暖房器は永遠のものではありません。いつかは壊れます。

こんな症状がでたら、メンテナンスが必要です。

1. 蓄熱式電気暖房器が暖まらない  [原因] ヒーターの電線、基板の故障
2. 部屋が以前よりも暖まらない [原因] ファンの故障、ファンにほこりが溜まっている。
3. ファンの音がうるさい [原因] ファンの故障、ファンにほこりが溜まっている。
4. 異臭がする(早急にメンテナンスが必要かも) [原因] ケーブル、結線部の不具合
5. 設置5年で一度もメンテナンスしていない  

めっちゃほこり

ファンのほこり、こんな感じです。(設置後7年目)
このまま放置すると、トラッキング現象で火災の恐れも

メンテナンス項目

1|電流値の測定 (ヒーターの健全性確認)
2|絶縁測定 (漏電していないかの確認)
3|本体廻り(外部)の清掃(異物等の確認)
4|本体基板部の清掃
5|ファンの清掃
6|時計の設定、その他

メンテナンス費用

1|メンテナンス費 ¥9,000/台(税別)
2|出張費     地域によります。(参考)射水、高岡 ¥2,000
3|ヒーター、ファン等の交換部材費は別途になります。

メンテナンスで修繕できない場合は、買い替えをおすすめする場合もあります。

フリーダイヤル0120-82-7663

PAGETOP
Copyright © 株式会社タカオカ電工 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.