住まいの電気工事、オール電化はタカオカ電工におまかせ下さい。

エコキュート

 

エコキュートb エコキュートc

バスタイムが、
もっともっと快適になります。

「空気の熱でお湯を沸かす。」
自然の恵みを上手に活かした、
環境にも家計にもやさしい
これからの省エネ給湯器、「エコキュート」。

ポイント1 低ランニングコスト

エアコン・テレビや照明などのスイッチOFFだけが、光熱費の節約ポイントではありません。
家庭で使うエネルギーのうち、給湯の占める割合は実に約3割。
これからは、家庭での「給湯」の省エネが課題です。
エコキュートなら、電気代は月平均で約1,000円(※)。上手に節約することが可能です。

※機器の種類や使用条件および気候条件によって料金が異なります。機器の特性上、冬期間は料金が高くなることがあります。

ポイント2 自然冷媒CO2で、地球環境への負荷を軽減

エコキュートで使用する自然冷媒CO2は可燃性や毒性もなく、オゾン層破壊係数ゼロ。
地球温暖化係数もフロン系冷媒に比べると1500~1700分の1。
フロント異なり、自然界に存在し、可燃性や毒性もなく、家庭用で使用する冷媒としては安全性にすぐれた冷媒といえます。

※1:オゾン層破壊係数(ODP)とは
物質ごとのオゾンに対する影響の大きさを測る指標の一つで、数値が大きいほどオゾン層を破壊すると考えられます。
※2:地球温暖化係数(GWP)
物質ごとの地球温暖化への影響の大きさを測る指数の一つで、温室効果がある様々なガスの地球温暖化に対する効果の程度を、二酸化炭素の効果に比べて表したものです。
エコキュートは、この二酸化炭素を冷媒として利用しているため、係数は1となります。

ポイント3 90℃の高温沸きあげ

自然冷媒CO2は加熱能力にも優れているため、外気温がマイナス10度(寒冷地仕様ではマイナス20度)という条件でも、最高約90度の高温沸き上げが可能です。
COP(注2)は年間平均3.0以上。
「1」の電気エネルギーを使用して、「2」以上の大気エネルギーをくみ上げ、「3」以上の給湯エネルギーをつくります。

(注2)COP(エネルギー消費効率):
消費電力あたりの加熱・冷却能力を表わしたもの。この値が大きいほど効率が良いといえます。

ポイント4 省スペース&コンパクト&多機能

スペースをとらない薄型コンパクト設計により、わずかなスペースや窓下にも設置できるものや、貯湯タンクユニットを床下に設置可能にしたタイプもあります。をつくります。

ポイント5 電気温水器と同様のメリット

エコキュートは、お得な夜の電気を使ってお湯を沸かす電気温水器の一種です。
エコキュート独自のメリットの他に、電気温水器と同様にいいところもたくさんあります。

主な取扱いメーカー

Panasonic http://sumai.panasonic.jp/hp/
三菱 https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/diahot/ecocute/
日立 http://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/ 
東芝 http://www.toshiba-carrier.co.jp/products/small/eco/
CORONA     https://www.corona.co.jp/eco/

 

フリーダイヤル0120-82-7663

PAGETOP
Copyright © 株式会社タカオカ電工 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.